こそだて and… ~絵本で子育て〜

アラフォー主婦の双子男子と娘との暮らし

MENU

登場する女の子に親近感『はじめてのキャンプ』

  

娘が好きな絵本

『はじめてのキャンプ』

林明子さん 作・絵

 

私が子供の頃

林明子さんの絵が好きでした。

 

実家から2冊だけ持ってきた

子供の頃からのお気に入り絵本。

f:id:kosodateand:20210312120525j:image

2冊とも林明子さんの絵。

作は筒井頼子さん。

 

裏には黒のマジックで

旧姓で名前が書いてあります。

値段も630円と安い!

(今は990円です)

時代を感じます。

 

『はじめてのキャンプ』は

私が「おもしろそう!」と購入し、

本棚に立ててありました。

 

双子は興味を示さず

読んだことがないと思います。

 

↓読書好きでも興味のある本しか読みません!

www.kosodate-and.com

 何年間か本棚に立てられたままになっていましたが、

娘が急に学校に持って行き、

読書の時間に読んだようです。 

 

「これ、おもしろかったよ!」と

嬉しそうに最初から最後まで

話の説明をしてくれました。

 

小さい頃から、

何でもお兄ちゃん達と

同じことを同じようにしたい!という気持ちで

たくさんマネっこしてきた娘。

 

自分だけ出来なくて

悔しい思いもたくさんしてきたと思います。

 

「小さいからキャンプはまだ無理」

と言われてしまった女の子の気持ちも

「無理じゃない!出来る!」と

全部お兄ちゃん達と同じように出来るように

必死で頑張る気持ちも

とても共感できたのだと思います。

 

娘がこの本の説明をしてくれた時、

自分自身が実際にキャンプに

行ってきたかのような勢いでした!

 

自分と重なる部分がある絵本って

心に残ります。

 

私が子供の頃、

『はじめてのおつかい』と

『とんことり』が好きだったのも

恥ずかしがり屋の女の子と

自分自身を重ねていたからかもしれません。

 

娘は同じく林明子さんの絵本 

『こんとあき』も大好きです。

女の子あきがこんを治してもらうために、

困難を乗り越えて、

おばあちゃんの家まで行くお話。

 

SNSで話題の人気子供服通販サイト【URBAN CHERRY】