こそだて and… ~絵本で子育て〜

アラフォー主婦の双子男子と娘との暮らし

MENU

毎朝泣き続けた幼稚園が楽しい場所になるまで

f:id:kosodateand:20210412135236p:plain

入園後、何ヶ月も泣き続けた双子

毎年、4月のこの時期になると思い出します。
双子が幼稚園に入園した時、
毎日ずっと「幼稚園に行きたくない」と
泣き続けていました。

 

幼稚園入園時、お腹には娘がいました。
そのせいもあったと思いますが、 
双子は精神的に情緒不安定な感じがあり
荒れていました。

 

そんな中、幼稚園入園という試練。
双子にとって幼稚園は
「お母さんが自分たちを
 おいて帰ってしまう場所」でしか
ありませんでした。

毎朝、2人で大号泣です!
大変すぎました。
今までの母になって12年間で
1番大変だった時期かもしれません。

制服が破れそうなくらい拒否!

まず、制服を着るのを嫌がり、
スーパーサイヤ人のようにブラウスを
「わーっ」と泣きながら脱ごうとするのを
なんとか2人分着せて、
「帰ったら一緒に〜しよう!」
「好きなお菓子買ってきとくね」
「名札の裏にシールぺったんしよか」
などなど、いろいろ楽しいことを考え
毎日どうにか連れて行っていました。

 

幼稚園に着くと
「おかあさーんがいい〜」と
泣きじゃくる双子のもとに
急いで先生達が駆けつけてきてくれて
無理矢理抱っこして
笑顔で「お預かりしまーす!」と。
私は「お願いしまーす!」と急いで帰ります。
私がいてもずっと泣き続けるだけなので、
心は傷みますが急いで退散です。 

f:id:kosodateand:20210412140151p:plain

最初の頃はお部屋に入ることも
出来なかった2人は
「ここで待っとく」と
外にあるイスに2人で並んで座り
ひたすら母の迎えを待ち続けていました。

 

でもある日、
迎えに行っても外に2人の姿がなく、
こっそり部屋をのぞくと
先生の読んでくれている絵本を聞く
2人の姿がありました。

 

とても嬉しかったです。
朝、私と離れる時は泣いていたとしても
「幼稚園では楽しく過ごしている」
それだけで心が救われました。

ある日、突然泣かなくなった!

その後も朝は毎日毎日泣き続きました。
1学期中泣き続け、
2学期になった頃も泣いていました。

 

でも9月の終わり頃から、
ピタっと泣かなくなりました!

 

特に何かあったわけではなく、突然でした。
もしかすると、本人達の中では
何かあったのかもしれませんが…

 

それからは泣くこともなく、
楽しく通えるようになりました。
年中になった頃には、
迎えに行くとお友達と外で楽しそうに
遊んでいる姿も目にするようになりました。

f:id:kosodateand:20210412140240p:plain

 何でうちの子だけ泣いてるの…

4月、泣いている子を必死に連れて
行っているママさんを見ると
気持ちがわかりすぎるので
こっそり心の中で応援しています。

みんな楽しそうに通っているのに
「何でうちの子だけ…」と思い
落ち込んだことも何度もあります。

f:id:kosodateand:20210412140711p:plain
こういう時、
周りの子はみんなとても楽しそうに
通っているように見えます。

でも、そう見えているだけで
実は家では嫌がって泣いている子も、
泣きはしないものの
実は毎日行くのを嫌がっている子も
わからないだけでいっぱいいます! 

話してみるとみんなそれぞれ悩みがある

双子が年少のあの頃は
「自分だけが悩んでいる」と感じていました。

その後、いろいろなママさんと
話す機会があり
それぞれにまた違った悩みが
あることがわかりました。
悩みがなさそうに、
順調そうに見えても、
何も悩みがなく子育てをしている人なんて
いないのではないかなと思います。