こそだて and… ~絵本で子育て〜

アラフォー主婦の双子男子と娘との暮らし

MENU

心が軽くなる絵本 「ま、いっか!」は魔法の言葉

心が軽くなる絵本をご紹介します。

『ま、いっか』

作・サトシン

ま、いっか!

 

次々と失敗を繰り返すテキトーさん

 

でもどんなことが起こっても、どんな失敗をしても、テキトーさんは全て
「ま、いっか」の一言で片付けてしまいます。

 

子供達は小さい頃からクスクス笑いながら楽しそうに聞いてくれます。

 

テキトーさん「ま、いっか」
「えっ!!あかんやろ〜」
「いっかじゃないやろ〜」
とツッこんでいます(笑)

 

何が起きても「ま、いっか」

なかなか全てを「ま、いっか」とは思えないけれど、少しの失敗くらいでガミガミ言わなくても、「ま、いっか」と思える心を持つことは子育てにおいてもとても大切だと考えさせられました。

 

失敗して学べることもたくさんあるので、たとえ子供が失敗することになっても「ま、いっか」と見守ることも親として必要ですね。


私はあれこれ心配してすぐに口を出してしまうタイプなので、怒ってしまいそうになったら、「ま、いっか」を心の中での合言葉にしてみようと思います。

 

スーパーポジティブなテキトーさんを見習いたいです。
 

絵が違うので最初気づかなかったのですが、先日ご紹介した『だっておさるだもん』と同じ著者サトシンさんの作品です。

 

www.kosodate-and.com

 

読んでいて楽しくなるリズミカルな文章、明るい気持ちになれる言葉など、どちらも前向きな気持ちになれる絵本です。