こそだて and… ~絵本で子育て〜

アラフォー主婦の双子男子と娘との暮らし

MENU

おすすめ絵本 図書館の楽しさが伝わって本が好きになる『としょかんへ ぴょん!ぴょん!ぴょん!』

 

『としょかんへ ぴょん!ぴょん!ぴょん!』

としょかんへ ぴょん! ぴょん! ぴょん!

 

本が大好きなうさぎ。

でも動物は図書館へは入れません。
 
でも本が読みたくて読みたくて仕方ないうさぎは、本の返却ポストから夜の図書館へ忍び込みます。

そこには「大好きな本」がいっぱい!
本が大好きなうさぎには夢のような世界です。
 
うさぎは大喜び!
 
こっそりとたくさんの本を家に持ち帰っては毎晩読みふけります。
 
そんなうさぎに気づいた動物たちも一緒に図書館へ忍び込むようになり、日に日に仲間が増えていきます。

しかし、ある日…
図書館員さんに見つかってしまいます!!!
 
 
でも、この図書館員さんの対応が素敵です。

「図書館にはルールがあります」と言って、動物たちに新しい図書カードを手渡してあげるのです。

これで堂々と好きな時に好きなように本が読めるようになった動物たち。

本に夢中になる動物たちを通して読書の楽しさがとても伝わってくる絵本です。
あたたかい気持ちになります。

図書館にあまり行ったことがない子にもおすすめ。
本の魅力と一緒に、図書館のルールも学ぶことが出来ます。
 

図書館をテーマにした絵本

図書館を題材にした絵本は他にもたくさんあります。

どれも本の素晴らしさや図書館の魅力が伝わってくるので、読み終わった後は図書館へ行きたくなります。
 

 

 ↓『もりのえほん』シリーズをご紹介しています

www.kosodate-and.com