こそだて and… ~絵本で子育て〜

アラフォー主婦の双子男子と娘との暮らし

MENU

ちっちゃなトラックレッドくんとイエローくん

「遅いことはダメなことじゃない」
 
昨日娘が選んだ絵本です。
 
このシリーズは5冊あり
全て読んだことがあります。
このイエローくんも
以前読んだことがありました。
 
でも昨日読んで改めて
「ハッ!」とさせられました。
 
ものを運ぶのが仕事の
ちっちゃなトラックレッドくん。
 
今回はのんびりやイエローくんと
一緒に荷物を運びます。
 
レッドくんは早く荷物を届けたくて
急ごうとしますが
イエローくんはのんびりゆっくりしています。
 
でも、そのおかげで素敵な景色が見られたり
トレーラーのおじさんや
ミキサー車のお兄さんに出会い、
助けたり、助けられたりします。
 
レッドくんは、
イエローくんのゆっくりといく選択が
正解だったと後から気づきます。
 
「遅いことはダメなことじゃない」
「早いことがいいことじゃない」という
メッセージが込められたお話です。

ゆっくり、のんびりだったから
出会える素敵なこともある
ゆっくり、のんびりだから
見えることもある

すぐに子供達を「早く!早く!」
と急かしてしまう自分を反省しました。
 
でも読み終わってすぐに
やらなければいけないことを後回しにして
のんびりと本を読んでる次男に
「何のんびりしてるんよ〜。
 早くやることやりや〜!」
と注意してしまいました。
 
すかさず、娘に
「のんびり、ゆっくりでもいいねんで!」
と注意されてしまいました。
 
ちっちゃなトラックレッドくんシリーズ

他の4冊もそれぞれメッセージ性があり、

大人も考えさせられる内容です。

積極的な子、消極的な子、

泣き虫な子、意地っ張りな子、

子供達、1人1人に違った個性があり、

性格もさまざまです。

 

でもみんなそれぞれ頑張っていて

いいところがある。

それを理解し合って

足りない部分をお互い助け合うことの

大切さを教えてくれています。 

 

ブラックくん 
ぶっきらぼうで、いばりんぼうだけれど、 
人の気持ちがわかる優しい心の持ち主、
ブラックくん。
どこにでもいる、ちょっと不器用な男の子。
素直じゃない態度がかわいく思えます。
 グリーンくん
「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と
何に対しても前向きなグリーンくん。
「どんな困難があっても、
 諦めず努力を続けることの大切さ」を
伝えてくれています。
 
 ピンクちゃん

泣き虫で弱虫のピンクちゃん。

そのピンクちゃんを懸命に励まし続ける

レッドくん。

こちらも、

「あきらめない気持ちの大切さ」を

グリーンくんとはまた違った視点で

伝えてくれています。

 

キャラクターに親近感

レッドくんも

イエローくんも 

ブラックくんも

グリーンくんも

ピンクちゃんも

みんな「こんな子いる!いる!」となる

身近にいそうなキャラクターで

応援したい気持ちになります。