こそだて and… ~絵本で子育て〜

アラフォー主婦の双子男子と娘との暮らし

MENU

子供に生理の説明できますか?正しい知識を伝えることの大切さ

f:id:kosodateand:20210617152821p:plain

 

生理についての正しい知識を

お子さんに生理の正しい説明ができますか?

 

自分ではなんとなくわかっていても、それをいざ子供に説明しようとしても「あれっ?」ってなる人が多いと思います。


私も自分で説明するのは無理だったので、「本」に頼ることにしました。

なんとなくの知識を教えてしまったら、困るのは子供です。
責任を持って、正しい知識を伝えていきたいですね。

 

f:id:kosodateand:20210617153002p:plain

 

マイナスのイメージがつきがち

初めての生理がくる前の小学生の女の子で、生理を体験している一番身近な存在はお母さんという場合が多いですね。


あとはお姉ちゃんや友達もいます。

 

毎月生理が来ると憂鬱な感じになる人が多いと思います。

「お腹が痛い」
「頭が痛くなる」
「体がだるい」

 

そんな姿を見ていたら、まだ初潮を迎えてない、生理のことがよくわかっていない女の子にはどんどんマイナスなイメージがついていってしまいます。

 

生理に対して、

「こわい」
「何かわからない」
「いやだな」

 

実際、娘はこういう状態になっていました。

 

「不安を取り除かないと!」

 

f:id:kosodateand:20210617153204p:plain

 

不安をなくすためにすること 

不安に思っている女の子の為に、出来ることは正しい知識を伝えることです。

 

生理は

「こわいものではない」
「はずかしいものでもない」
「成長の証」

ということを伝える必要があります。

 

私自身、小学生の頃、母親から生理というものを事前に説明されていませんでした。

 

学校で教えてもらった「女の子は血が出る生理というものがいずれ始まる」というくらいの知識しかありませんでした。


小学5年生で初めて生理がきた時、始めは「生理」ということがわからず、何かおかしいと思い、汚れたパンツを隠してしまいました。
(すぐに母が気づいて、教えてくれましたが…)

 

娘にはそんな不安な思いはしてほしくないので、事前に正しい知識を伝えようと決めていました。

 

正しい知識を身につけるには

インターネットで検索してしまえば、何でも出てくる便利な時代ではあります。
でもまだ未熟な子供達が見ると、どれが本当に正しい知識なのかの判断は難しいです。

 

私は娘に正しい知識を伝えるために、「本」という手段を選びました。

 

生理がなぜくるのか、生理が来た時はどうすればいいのか、注意することは何かなど、生理に関するさまざまな知識を小学生でもわかりやすいように簡単な表現で説明してくれます。

 

 

男の子も女の子の生理についてある程度の知識はもっておく必要があります。

この本の中でも女の子に対して、「生理か〜!?」とからかっている男の子が登場します。そんな男子にならない為にも、男の子にも正しい知識が必要です。

 

f:id:kosodateand:20210617153456p:plain



いざという時の準備と心構え

いつきても大丈夫なように

いつ生理が始まるのかは人それぞれでわかりません。
今の子は私達母親の時よりも早く初潮を迎える子が多いようです。

私が子供の頃は5年生でも早い方でしたが、今は早い子だと3年生に初潮を迎える子もいます。

生理が来る前に、胸が膨らんでくたり、毛が生えてきたりするので、急に生理がやってくるというわけではないですが、いつ来るかはわかりません。

なので、いつ来ても落ち着いて対応できるように準備をしておいた方が安心ですね。

 

成長はうれしいこと

生理が来ることは恥ずかしいことではなく、成長の証で「おめでたいこと」であるということをわかっていてほしいですね。

 

昔は「生理」は隠すものという風潮でしたが、今は「生理」に対してオープンになっています。

 

みんなが経験する当たり前のことなのだから、我慢したり無駄に隠す必要はありません。

 

そのことを子供がわかってくれているだけでも、いざという時に周りの人に相談しやすいですね。

 

生理痛は我慢しないが新常識

まだまだ特に年配の人や男性の中には「生理は病気じゃないから休むなんておかしい」という考え方の人もいますが、つらい時は「つらい」と言える世の中になっていってほしいですね。

 

この本でも、「生理痛は我慢しないのが今の常識」とされています。

 

楽しくわかりやすく学ぶ

学校の授業でも説明はしてくれますが、ちょこっと説明して終わりなので、わからないままになっていることも多いと思います。

 

早めに生理がくる子は学校の授業を待っていると遅いかもしれません。

 

説明の中にコミックをはさみながら、楽しく、わかりやすく学べる本の存在にとても助けられました。

 

是非、お子さんと一緒に読んでみてください。
娘はまだ3年生なので、一緒に読みましたが、高学年くらいの子だとスラスラ自分で読んで理解できると思います。
大人もとても勉強になります。

 

初めての生理のことだけではなく、生理をズラす為に使うピルのこと、月経前症候群のこと、子宮頸がんのことなど、幅広い知識がわかりやすく学べる1冊です。

 

 
 

男の子が「性」について、わかりやすく学べる本もあります。
そっと本棚に立てておくといいかもしれません。