こそだて and… ~絵本で子育て〜

アラフォー主婦の双子男子と娘との暮らし

MENU

【クレヨンからのおねがい】 みんなちがって みんないい!十人十色

f:id:kosodateand:20210428114956p:plain

 

 

クレヨンからのおねがい

どんなお話?

クレヨンからのおねがい!

 

www.kosodate-and.com

 
2015年の課題図書にも選ばれていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

私も図書館の課題図書コーナーに並んでいたのを見てこの絵本を知りました。

いつものようにケビンが絵を描こうとすると、クレヨンの箱の上にケビンへの手紙がたくさん置かれていました。

全てクレヨンからの手紙です。

12色クレヨンからのそれぞれの手紙が12通。

クレヨンたちの日頃感じている不満や感謝、それぞれの悩みなどの本音が書かれていました。

クレヨンからの視点が斬新で、でも「わかるわかる〜」と共感できる部分がたくさんあり、ユーモアたっぷりのとてもたのしいお話です。

 

クレヨンたちのそれぞれの個性

あか     人気者

むらさき 
  きれい好き


おうどいろ
  地味で目立たない


はいいろ
   クタクタ

       休ませてほしい

しろ
     さびしがりや


くろ  
   みんなの引き立て役 

       たまには主役になりたい!

みどり
    毎日楽しい気持ちでいたい


きいろ    自分がおひさまの色と主張! 
       きいろとケンカ中

だいだいいろ 自分がおひさまの色と主張! 
       だいだいいろとケンカ中

あお     心配性

ピンク    女の子の色じゃない!
       自分の素敵さをアピール 

うすだいだい 紙をはがされてすっぽんぽん

クレヨンたちはみんな個性豊かで、どれも「クラスにこういう子いるいる〜」という感じです。

さすがにすっぽんぽんの子はいませんが(笑)

f:id:kosodateand:20210428114459p:plain

 

クレヨンたちの手書きの手紙

絵本のストーリーもユーモアたっぷりでおもしろいですが、ケビンの描いた絵も、クレヨンたちがそれぞれの色のクレヨンで描いた手書きの手紙も個性が現れていて、とてもかわいいです!

読めば読むほどによい作品だなと思います。

固定観念にとらわれない絵

手紙を読みクレヨンたちの気持ちがよくわかったケビンは、全部のクレヨンを使って絵を描きます。


おひさまはきいろでもだいだいでもないあかで、きょうりゅうはピンク、はいいろの小さいペンギン、むらさきははみ出さずキレイに塗られ、おうどいろのくま、くろのビーチボール・・・

クレヨンみんなの願いをいっぱい叶えてあげているケビンの優しさにあふれた絵になっています!

 固定観念にとらわれていない素敵な絵です!


 

十人十色 個性が大切

クレヨンたちが教えてくれた大切なこと

人間も十人十色でいろいろな気持ちがあって、性格の違い、見た目の違い、言葉遣いの違いなどそれぞれ違いがあって当たり前ということをクレヨンを通じて教えてくれています。

課題図書になるのが、わかります!

最後のケビンの絵からもみんな違うから楽しいということが伝わってきます!

ピンクは「女の子の色ではない」

男の子がピンクの服を着ていたら「男やのにピンク着てる〜」とか言う子に伝わるかな〜。

ジェンダーレス教育にもいいかもしれません。 

kosodate-and.net

 

絵本を読んだ後も広がりがある

お子さんのクレヨンの箱をあけて、「〇〇のクレヨン達はどう思っているかな〜」と一緒にお話するのも楽しそうです。

子ども達の柔軟な頭からは楽しいお話がどんどん出てきそうですね。

一緒にお子さん宛へのクレヨンたちからのお手紙を書いてみるのもいいかもしれません。

f:id:kosodateand:20210428114436p:plain

「自分はどの色に似てるかな〜」と一緒に考えてみるのも楽しいと思います。

 

我が家の双子の小さい頃からのテーマカラーが長男がだいだいいろ、次男がきいろだったので、初めて読んだときから、このページはまるで2人がケンカをしているようで自分たちに重ね合わせていて盛り上がっていました。

読んだ後もどんどん広がりがある絵本っていいですね。

英語版

 
続編

 

クレヨンと言えばの絵本
『くれよんのくろくん』

 

kosodate-and.net